浮気の証拠

浮気の話は芸能界をはじめドラマでも事欠きませんが、現実は一般庶民にも忍び寄っています。

かくいう私も妻の浮気が発覚したのをきっかけに、夫婦はお互いの信頼関係を失い、崩壊の危機に瀕してしまいました。

詳しいことは後ほど書かせていただきますが、私が後悔しているのは頭の中が混乱して探偵の選び方を間違えたことです。

というのも悪質な探偵を信用して27万円ものお金を使ってしまったからです。

ここでは私のような被害者が出ないように探偵の間違った選択例を公開することで参考になればと書かせていただきました。

 

ちなみに私がお勧めする探偵選びは探偵・興信所案内センター

お金の事は詳細に聞いて確認しておくことが重要

私が最も危惧しているのが他の方はどうやって探偵を選んでいるのかということです。

料金
調査手法
証拠の質
・・・

多くの人がこのようなことを確認すれば良いと思っているかもしれませんが、意外と無頓着な部分があります。

それは「着手金」です。

着手金とはその名のとおり調査に着手するための必要経費です。

ほとんどの探偵は着手金を請求してきます。

しかし、謀探偵のHPを見ると「完全成功報酬」といった制度を前面に出して、「ちゃんとした証拠が撮れなかった場合は料金は請求しない」って書いてある場合があります。

これを読んだら“ダメ元”で利用してみようかなって思ってしまいますよね。

つまり
「証拠が掴めなかったら料金はかからない・・・」

しかしこんな事は絶対にあり得ません。

というのは依頼者の勘違いで調査対象者に何の問題もない場合はいくら優秀な探偵でも証拠をつかむことはありえないからです。

これがまかり通ってしまえば夫婦間でちょっとした疑いがれば無料で調査がしてもらえるとなって依頼者が殺到し探偵業が成り立たなくなります。

常識的に考えればすぐにわかりますよね。

しかし、頭の中が混乱すると冷静な判断ができないのです。

私も同じことを思いこんでいたので(^^ゞ

私が申し込んだ探偵社も「完全成功報酬」を謡っていた

悪人

実は私がHPを見て利用を申し込んだ探偵社もこうした「完全成功報酬」を謡っていました。

その探偵社は全国に支店を持つ探偵社で、業界でも低料金で評判とのことでした。

私は「完全成功報酬」のために料金が安くなっているんだなと勝手に納得して気軽に事務所に出向いてしまったのです。

事務所で状況を一通り説明すると「うまくいくと思いますよ」と快い返事が・・・

気を良くした私はダメ元だからと、「是非お願いしますと」と申し込むことになります。

すると契約書を出してきて大まかな内容を説明し始め、話には出てこなかった「料金枠」の話が・・・

探偵側が言うには一定の料金枠を設定することでどこまで調査するか決まってくるとのこと。

私は、「エっそんな話聞いてないけど」と内心思いましたが、そこは頭の中が混乱していたことや早く証拠を掴みたいという焦りから正式に申し込むことになってしまいました。

一応私自身が考えていた相場である50万円の料金枠で申し込んだところ、半額の25万円+消費税2万円=27万円が着手金の名目で飛び出します。

会社のHPには出てこなかった「着手金」という言葉をはじめて口にすると契約書には27万円の数字を書き込んでいました。

この時点で説明を求めれば良かったのですが、先ほども言ったように頭の中が混乱していたのと、焦っていたのに加えて気の小さい私はそのまま契約を完了してしまったのです。

 

安心できる探偵選びは探偵・興信所案内センター
  

調査が始まって3日目に証拠を掴めるはずだった!?

契約したものの何となく不安を感じながらもとりあえず27万円を振り込んだあと調査の日時を指定します。

こちらも同時に確認できる場所があったのでそのつど確認することにしていました。

1日目と2日目は男と会うことなく空振りに終わりました。

“空振り”の場合はそのつど電話で連絡が来たので、こちら側の指示でその日の調査は終了していました。

これが1日目と2日目の調査だったのです。

そして3日目になってやっと妻が動き出して男に会うために相手の場所に向かったことを確認しました。

探偵社からもこちらに電話連絡が無かったので私は

「尾行をしているので電話連絡がないんだ」と確信していたんです。

これで絶対に証拠を掴んでもらえると期待していたのですが、翌日連絡が来て追加の着手金10万円の振り込みを要求してきたのです。

私はてっきり調査報告をしてくると思っていたので、

「昨日男と会ってますよ」

と伝えたところ、探偵者側は

「向かった方面が逆方向だったので調査を終了しました」

と伝えてきたのです。

「調査を終了する判断が早すぎる」
「妻は男に会いに行った」

と苦情を言っても探偵者側は

「どうして会いに行ったと言えるんですか?」

と暗に証拠の提示を求めてきます。

もちろん妻が会いに行った証拠を提示できるはずもありません。

1日目と2日目にはこちらに連絡して調査終了の指示を乞うてきたのに、この日に限って勝手に調査を終了したのは、まともに調査する気がないのは明らかと感じたのでその時点で追加着手金の支払いを拒否しました。

ここでこの探偵社は着手金目的の悪質な探偵なんだと確信したのです。

そしてその探偵社とはこの時点で終了です。

もちろん支払った27万円は戻ってきません。

悪質な探偵は着手金目的が多い

ここまで事の経緯を大まかに書きましたが、その探偵社はほかにもとんでもない理由で調査を中断していた噂もあります。

たとえば、

「調査対象者に気づかれそうになったので中断した」
「ラブホから出てくるのを待っていたら寝てしまって撮影することができなかった」

といった理由です。

普通に考えればこんなの探偵側のミスでありこちらが費用を払う必要は無い筈なんですが、現実は探偵側に開き直られて支払う羽目になるそうです。

つまりプロがこんな理由で調査を中断しても通用してしまうのが探偵業界なのです。

探偵は信頼のおけるところで紹介してもらうことが一番!

現在業界の8割が悪質な探偵と考えられています。

ネットやテレビでよく見かける探偵社だとか、ネットで検索しても悪評を見かけることがないなど、自分で調べても安心できません。

というのは探偵者側がネットを監視して悪評を書いているサイトをしらみつぶしに警告を送っていることもあまり知られていないからです。

今回ご紹介するのは【探偵・興信所案内センター】で信頼のおける探偵を紹介してくれる機関です。

ここで紹介してもらった探偵と十分協議した上で最終的に利用するかはあなた次第!

一度問い合わせてみてはいかがですか?